C言語プログラマーの転職事情

私は家庭教師として生計を立てるかたわらで、C言語プログラマーとしてフリーソフトを開発しては販売してきました。
最近はスマホアプリに押され、そういったフリーソフトが全く売れなくなってきました。

正直、家庭教師としての給料は年収で300万円ほどで、フリーソフトの売上に頼って生活をしていたので、スマホアプリを恨んだものです。

そこで家庭教師以外にも、C言語プログラマーとして派遣に出て働くことが増えてきました。
ただ派遣社員だとやはり条件が悪い。
年収にして350万円に届くかどうかで、家庭教師とそう変わらない。

そして私はC言語プログラマーとして、転職活動をすることを決意したのです。

それにしても今どきC言語プログラマーの求人はとても少なく、JavaやPHP、Object-Cといった高級言語の求人が中心でした。
またシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーとしての経験があると優遇されるようですが、フリーソフトを作っていただけの私にはそんな経歴も無く、転職活動は大変なものでした。

そもそも私がC言語を使っていたのは、大学時代の講義にC言語があったからです。
講義では初歩的な事だけだったので、残りは自分でやってゲームでも作ろうと……しかし、一人で勉強するには少々難しかったです。
そこで、友人に勧められたのがHSPでした。

当時、パソコン雑誌でHSPの特集があり、簡単なプログラムの見本を紹介してあったので、その雑誌を全て購入して少しずつ学びました。
その後、その基本を元にして、変数を増やしたりした改良プログラムを組んでみました。
しかし、これだけでは満足できずに、専門の本を買ったり、専用サイトにアップロードされている情報を元に勉強したりしました。
また、どうしても解からない事を調べるにしても、HSPがフリーソフトと言う利点から経費ゼロで始めたいと言う人が多いようで、ブログ等でプログラムの過程や参考になる事、サイト等を紹介している人も多かったです。
こう言った情報の多さが良かったです。

けれど、ゲームを作る過程で気付いた事もあります。
他から得た知識だけではフローチャートの制作に手間取りました。
特に、自分は麻雀ゲームを作成中に断念しました。
役の判定や点数計算など、細かいフローチャートを作れませんでした。
ネットで情報を集めると、基本的なプログラムが本に掲載されていると言う事で、その本を探したのですが見つかりませんでした。
そして、本を探している間に自由な時間がなくなって、未だに麻雀だけはできていません。
だから、今も麻雀ゲームを作ろうと、情報を集めている途中です。

そこで気が付いたのは、そういった昔ながらのゲーム会社であればC言語のスキルが高く評価れるのではないかという事実です。
私はゲーム会社を中心に面談をつづけ、なんとか正社員として就職することが出来ました。
年収は450万円ほどで、思ったほど上がりませんでしたが、今後の頑張り次第だと考えています。

また最近30代未経験でプログラマーに転職したという話がSNSで拡散され話題になっていました。
プログラマー 転職
30代で未経験の業種に転職する場合、給料が下がったり待遇が悪くなったりと負の一面をもっているものです。
でもこのプログラマーさんは未経験にもかかわらず、給料がアップしてやりがいまで得ている結構すごい人です。
なんでも求職中からPHPなどの勉強を独学でしていたそうで、それが30代の転職という世間的なタブーを成功させた要因だと書かれていました。

Comments are closed.