PHPの求人は今でも多い

ぼくはPHPやJavaなどの言語を操り、WEBサービスを作るプログラマーです。

プログラミングは情報系の実業高校で学びました。

C言語から始まり、HTML、Java、HTML、PHP、AcrinoScriptなどを学びましたが、中でも深く学んだのはC言語です。
勉強方法としては、まずはコードを紙に書いて実行していくことから始まりました。
ひたすら紙に書いて実行、書いて実行・・・。繰り返していくうちに、書かなければならないもの、ここは変えていくところ、など感覚で覚え、応用できるようになった頃には紙に書かなくてもそれなりにプログラミングをできるようになっていました。

プログラミングを始めたいと考えている人には、まずは書いて実行することをお勧めしたいですね。
本を読むよりも、キーボードを叩いて覚える。正に百聞は一見にしかず、です。
PHPは、MySQLと組み合わせて勉強しました。覚えることが2倍で、何かと複雑な書き方をされているPHP・・・。
でもC言語と少し変わっているだけで、慣れれば簡単でした。

こちらはサーバーをたてないといけなかったので、少々面倒でした。PHPを勉強しようとしている人は作業環境を整えてからですね。
今後はJavaをぼちぼち復習しながら使いこなせるようになりたいです。C言語から入ったためか、オブジェクト指向になかなか慣れずに終わりました。

それと、スマートフォンアプリを作ってみたいなと考えています。

しかし今の会社はWEBブラウザで使える業務システムを作っているため、スマートフォンアプリを作ることはできません。
そこでぼくは転職することを決意したのです。

早速ハローワークへ行ったのですが、プログラマーの求人の中で、スマホアプリの求人は2割~3割ほどあり、まさに全盛期と言った感じでした。
さらに意外だったのはPHPの求人が5割ほどあったことです。
PHPはとうに過去の言語になったのかと思っていたのですが、今でも主流言語のようです。

さて私の転職活動ですが、WEB系のスキルがそのままスマホアプリでも役に立つ場合が多いようで、意外とすんなり転職が決まりました。

ただSEとしての活躍も求められるため、今までのようにプログラマー一辺倒という訳にはいかないようです。
まあその辺りはサラリーマンの悲しいところで、会社の方針にしたがうしかありません。

Comments are closed.